株式会社ウイング

HOME> 採用情報 > セミナー

1講師紹介

講師は元NHKアナウンサーの名取將と気象予報士の平井信行です。
多くの方々の参加をお待ちしています。

読んでみる


平井 信行(ひらい のぶゆき)

気象予報士 平井信行 51歳 NHK総合テレビ出演番組 月曜日~金曜日のNHKニュースきょう一日 に出演中。
小学校から陸上競技を始め、自称「走る気象予報士」。ゲストランナーとして色々な大会に参加し、富士登山競走の山頂コースを10回完走。また執筆や講演、学校の出前授業などを行い、視聴者の皆さんと積極的に触れ合っている。
基礎編

名取 將(なとり すすむ)

名取將 1963年入局 おもにニュース7などの報道番組で活躍。よど号ハイジャック事件、エリザベス女王来日、昭和天皇訪米、ドイツ・ベルリンの壁崩壊など、国内外の重要中継のリポートを担当。また紀行番組「小さな旅」のナレーションやリポーターも務めた。1999年にNHKを定年退職。その後も手話ニュースのニュースリーダーとしてNHKのニュース番組に長年携わった。

2対象

気象キャスターとしてテレビやラジオ出演をめざす、気象予報士資格をお持ちの方、及び今年度中に気象予報士資格取得予定の方。

3本講座の目指すもの

最近の異常気象や局地的豪雨を受けて、気象キャスターへの期待度は高まっています。
放送の現場で任される気象解析能力。情報を的確に伝えるためのプレゼン力、そして季節の話題提供や屋外ロケなど、望まれる才能は多岐にわたります。 難関の気象予報士資格を手に入れた上で、実際に仕事として生かすためには何が足りなかったのか。これまでの反省点をふまえ、気持ちを新たにしている方も多いのではないでしょうか。

この気象キャスター育成講座は、NHKや民放の気象キャスターを目指す方に、改めて解説やアナウンスの基礎から勉強をし直していただく講座です。 これまで人前で話したことのない方も、受けていただけます。 テレビやラジオでおなじみの気象キャスターやアナウンサーからの指導で、ビデオ収録などを通じて客観的に自分の長所・短所を確認することができます。
気象キャスター向けに特化した、少人数制の実践的なトレーニングで、一人でも多くの方が、夢を実現していただくことを望みます。

※開催スケジュール オーディション対策として直前まで指導

4講師コメント

平井 信行(ひらい のぶゆき)

ウイングの気象キャスター講座は、オーディションに合格することを目的としています。  ある日の天気の現象を、わかりやすく、限られた時間内で説明できるようにするための技術を学びます。  学生さんや未経験の方々も大歓迎です。

名取 將(なとり すすむ)

テレビを視る人は、何を一番知りたいと思っているでしょうか。カメラの向こう側にいる人、一人一人に聞くことはできません。  そのことを伝える側の貴方が判断しなければなりません。でもその基礎となる発音、発生やアクセントが伝わる話し方でなかったらどうでしょうか。  一言聴いて、「分かった」と言ってもらえる様な伝わる話し方の土台を一緒に作りましょう。

5受講料

無料

※オーディション合格後は、ウイング所属気象キャスターとしてデビューしていただきます。

6会場

ウイング本社 会議室

7定員

8~10名(少人数制) ※書類選考と面接を経て受講者を決定させていただきます。

8募集期間

郵送にて受付中 [追加募集〆切 10月23水曜日]  ※封書宛名面に「気象キャスター講座申し込み」と明記してください。
【WEBでも受付可能】WEB申し込みの方は、こちら☟。
必ず全ての項目に記入の上、本人希望欄に「気象キャスター講座希望」と記載して下さい。事務所からメールにてご連絡します。

9募集要項

・履歴書(自筆で書いたものに顔写真添付)(気象予報士登録番号及びメールアドレスを明記してください)
・作文 400字詰め原稿用紙2枚にまとめて下さい テーマはどちらか一つ ①最近のニュースから ②テレビと私
・職務経歴書
・宣材写真(バストショット・全身)

※応募者多数の場合、書類選考ののち、メールにて結果をご連絡いたします。
その後、通過者のみ30分程度の面接を行います。

※応募書類は返却いたしませんのであらかじめご了承ください。

10応募先およびお問い合わせ

〒150‐0042 東京都渋谷区宇田川町7‐13第二共同ビル南館 株式会社ウイング 気象情報部宛
電話 03‐5728‐1960
  • 気象講座 平井信行
  • 気象・防災情報の見方と使い方